スピードコーチングとは コーチングTOP>講座の様子・最新情報

豆腐メンタルを克服する3つの方法

From:石井孝幸
白金高輪のオフィスより、、、
あなたはこんな言葉を知っているだろうか?

豆腐メンタル

ネットで使われる俗語のひとつで、
精神面において非常に繊細で、
文字通り「豆腐」のように脆弱なこと

iStock_000018457531_Small

あなたの周りにはこんな人いないだろうか?

例えば

・叱られると数日立ち直れない。
・「すみません」が口ぐせ、自分にまったく自信が持てない。
・こちらがアドバイスをしたつもりでも、
すぐに怒られたと勘違いしていまう。

ちょっと、何か嫌なこと、ネガティブなことが起こると、
豆腐のようにグチャッとメンタルが、崩れてしまう人

実は、若者の間でこのようなメンタルを
持っている人が増えてきているようだ。

もちろん、若者でなくても
豆腐メンタルな人はおそらく存在する。

そこで、今日はそのような豆腐メンタルを
克服方法をあなたにお伝えしよう。

その1 体を鍛える

元プロボクサーの内藤大助選手
彼は子どもの頃、いじめられていた。

そのいじめっ子たちを見返すために
ボクシングを始めたのだ。

アンソニー・ロビンズも伝えているように、
体を積極的に動かすことは、
非常に感情に大きく影響を及ぼす。

そして、体を鍛えるということは、
目標を立て厳しい練習に耐えること

練習していく中で、
時には辛く、厳しいことにも直面するだろう。

これに耐え抜くことで、
豆腐メンタルを克服するのだ。
その2 厳しい環境に身を置く

多くの人は、傷つくことを恐れている。
究極的には誰もが傷つきたくないのだ。

けれど、面白いことに過去にたくさん傷ついてきた人ほど、
メンタルは強くなっていく。

例えば、厳しいと言われているチーム・部署に
身を置いてみる。

すると、今までは言われなかったことも
フィードバックされることになる。

最初は傷つくだろう。

けれど、一度言われたことは改善しやすいし、
もし同じような失敗をしたとしても、
初めての時よりも精神的に楽なことが多い。

厳しい環境があなたを強くしてくれるのだ。
その3 自分の意思を持つ

真面目な人ほど、他人の言葉に傷つきやすい。

精神的に強い人が強く入られる理由の一つは、
確固たる自分の価値観を持っているから。

例えば、他人から馬鹿にされるようなことを
言われたとしよう。

「お前、バカだなー!」

豆腐メンタルはこれを言葉通りに受け止めてしまう。

けれど、メンタルの強い人は、
同じように言われても、

「あなたはそう感じるかもしれないけれど、
 自分はこう考える」

という確固たる意思を持っているのだ。

あなたの周りで豆腐メンタルの持ち主がいたとしたら、
この3つのうち一つでもいいので、
アドバイスしてみよう。

実践することで、水に戻す前の高野豆腐雨のように、
カチカチに強くなったメンタルを
持てるようになるかもしれない。

ー石井孝幸

 

P.S.
勇気がなくて、なかなか行動できない。

そう感じているとしたら、
まずは失敗を恐れず行動してみること。

失敗を恐れない。
行動できる自分に生まれ変わるなら、こちら

http://www.speedcoaching.co.jp/lp/move/mail.html

Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2013 All rights reserved.