スピードコーチングとは コーチングTOP>講座の様子・最新情報

松本人志さんに学ぶ成功の秘訣

From:石井孝幸
白金高輪のスタバより、、、

 

8月17日

ダウンタウンの松本人志さんが、
漫才をやろうか検討中との
コメントがtwitterだけでなく、
ネット中を賑わせた。

ダウンタウンの漫才、
またはお笑いLiveがもう一度見られるのか?

ダウンタウンのファンはもちろんのこと、
ファンでなくても、
彼らの漫才を観てみたい人は多いだろう。

Viewers watching the show. Long exposure shot.

そのコメントのあとに収録された
「ダウンタウンなう」という番組で、
その真意が語られた。

松本さん自身は漫才をやることに
前向きなようだ。

同時に、漫才を作るにあたっての
悩みも語っていた。

その悩みが興味深い。

それは、

駄作を観てもらう場がない
という悩みだ。

かつては、劇場などに多く出演し、
自分のネタを披露できる環境が、整っていた。

ネタがどれだけ面白かったのか?
劇場でテストできたということ

なので、松本さんは漫才が完成するまで、
劇場に出演し続けていたそうだ。

つまり、劇場でネタがウケれば、
漫才に採用され、
ウケなければ当然のことながら、
漫才には採用されない。

これを繰り返すちうことだ。

これを松本さんは、
「駄作をいっぱい見せないと完成しない」
と表現している。

本当にいいものは、
テストと改善を繰り返して、
最終的に良い漫才ができるということ。

つまり、どんなに素晴らしいお笑い芸人でも、
ネタはテスト・改善の繰り返しだということ

どんなに熟練したとしても、
突然、面白いネタが生まれるわけではないのだ。

成功したければ、
トライアンドエラーを繰り返すことだ。

小さな規模、あるいは別の環境で、
テストすることが大切

あなたはビジネスのアイディアなどを
テストせずに実行に移していないだろうか?

ー石井孝幸

 

P.S.
ビジネスを加速度的に成長させる。
思考プロセスを学ぶなら、こちら

http://www.okusen.com/1day/

Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2013 All rights reserved.