スピードコーチングとは コーチングTOP>講座の様子・最新情報

facebookはLikeしかないから、いいね!

From:石井孝幸
東京の自宅より、、、

 

9月15日

アメリカのfacebook社で、
「いいね!」以外のボタン設置を
検討しているとのニュースが掲載された。

一部のニュース記事では、
Like(いいね!の反意語)である、
Dislikeボタンが設置されると記載されている。

一部のニュース記事を信じるのであれば、
大きな問題だ。

いいね!の反対語だから、
やだね!とか嫌い!といったボタンが
設置されるということ

誰かが投稿したら、その投稿を見た人が、
良いと感じれば、いいね!のボタン

悪いと評価すれば、Dislikeボタンを
押すことになるのだ。

なんだか、自分の投稿が
良くも悪くも評価されている気がして、
このニュース自体にDislikeの評価を
つけたくなる人も多いだろう。

facebookの主張としては、
悲しいこと、辛いこともfacebookに
投稿されることを考慮して、導入を考えたとのこと

ある瞬間の辛さや悲しみを共有して、
辛さや悲しみを少しでも和らげたい!
という人はそれなりに存在するのだろう。

そういったことに配慮して、
ボタンを追加するようだ。

だからと言って、わざわざDislikeにする
必要はないと思う。

ただ、一方でDislikeボタンではないとの
記事もあるので、実際どんなボタンが
追加されるのかは、定かではない。

個人的には、Dislikeボタンが
追加されるくらいだったら、
Like!ボタンだけで、いいんじゃないかと思う。

いいね!ボタンは複数の意味に取れる。

例えば、「見たよ!」「共感!」「同意!」など

Real human hand mimic facebook "like" icon on white background

ポジティブな意味で解釈することができる。

逆にDislikeだとどうなるだろう?

一つでもDislikeが付いていただけで、
気分が落ち込む人も出てくるかもしれない。

しかも、Likeと同じ仕組みが採用されるなら、
誰がDislikeしたのかわかってしまう。

人間関係が壊れてしまう可能性が、
出てくる。

なので、
個人的にはDislikeの設置は、反対だ。

もちろん、共感とか同意といった
ボタンだったら、良いかもしれない。

言葉というのは、
モチベーションを大きく左右するもの

同じ出来事でも、
できるだけポジティブな言葉を使うと、
解釈もポジティブになってくる。

嫌だなと感じることも、
言葉ひとつで、良い印象にもなるし、
悪い印象にもなる。

このブログを読んでいるあなただったら、
良い意味に解釈する癖をつけていこう!

ー石井孝幸

 

 

P.S.
人生の質は日常使っている言葉で
左右される。

あなたが普段使っている言葉を
見直して、人生の充実度をあげたい!

と思っているとしたら、こちら

http://www.speedcoaching.co.jp/lp/move/mail.html

Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2013 All rights reserved.