VAK(代表システム)とは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

VAK(代表システム)とは?

18765352_s

VAKモデル(代表システム)を知ることで、スムーズなコミュニケーションが期待できます。

人は、生きていくあいだにたくさんのことを感じています。
人が持っている感覚は、見るための視覚、耳で聞く聴覚、触って分かる触覚、味を感じる味覚、においを感じる嗅覚の五感です。

第六感などと呼ばれるものを持っている方もいるかもしれませんね。

3つに分類できる優位なシステム

NLPでは、人はその五感の中でも視覚、聴覚、残りの身体感覚の3つのどれかに特化して物事をとらえると分類しています。
これを、3つの頭文字を取って、VAKモデル(代表システム)と呼びます。

V(Visual)…視覚
A(Auditory)…聴覚
K(Kinestic)…身体感覚

それぞれの人によって優位性が異なります。
自分のVAKモデルが何を優位としているかによって、学習効率をあげることが可能になりますし、相手のVAKモデルが何を優位としているかを知ることによって、より相手との意思の疎通を円滑に進めることができます。

相手がどのシステムを優位にしているかは、話をしている間に垣間見ることができます。

「~のように見える」という話し方をする人は視覚優位、「~のように聞こえる」という人は聴覚が優位、身体感覚が優位な人は「~のような感じがする」という言い回しを使うことが多いので、注意して聞いてみてください。

視覚優位な人

視覚優位の人は、目で見て覚えることが得意でしょうから、勉強するときには何度も黙読をするなど目を使って勉強することで学習効率が上がります。

視覚優位な人と話すときには、具体的な写真や絵を用意して話し合いをすると、相手にこちらの意図を伝えやすくなり、スムーズに話が進みます。

住宅などであれば、完成想像図を用意する、同じような住宅の写真を用意するなど、目で見てわかる説明がよく伝わるということです。

聴覚優位な人

聴覚優位の人は、勉強の時も耳で聞いて覚えることが得意なはずです。講義を聞く、オーディオなどで聞いて覚える勉強方法を選ぶとよいでしょう。

また、聴覚優位な人と話すときには、あせらずじっくりと話し合うことによって、相手に真意を伝えることができるでしょう。

相手が質問してきたことに対して誠実に返答をして、他の顧客の意見などを話して聞いてもらうことで納得してもらえる可能性が高いのです。

身体感覚が優位な人

身体感覚が優位な人なら、100回ノートに書くなどの体を使った覚え方が得意でしょう。勉強するときにも体を動かして覚えたほうが、効率が上がります。

身体感覚が優位な人と話すときには、相手に体験してもらうことで強い印象と深い理解を得ることができます。

モデルハウスへ何度も行ってもらう、完成模型を用意するなどが伝わりやすいアプローチとなるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.