アウトカム(8フレーム・アウトカム)とは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

アウトカム(8フレーム・アウトカム)とは?

26998926_s

あなたには、なりたい自分がありますか?達成したい目標がありますか?

外国語が話せるようになりたいとか、資格試験の合格、昇進、独立起業…。
人は、生きていくうえでいろいろな目標を立てます。

NLPでは、その目標のことをアウトカムと呼びます。

目標の実現のためには、目標をより具体的にイメージできるようにしなくてはなりません。
NLPでは、目標、アウトカムをより具体的に明確にするために、8フレーム・アウトカムと呼ばれる技法を用います。

8つのステップで明確に

次のような8つの質問を投げかけ、その形をあぶり出します。

1 あなたのゴールは何ですか?

2 ゴールが手に入ったらどのように分かりますか?
何が見え、何が聞こえ、どのような感じがしますか?
ゴールの証明となるものはなんですか?

3 ゴールはいつ、どこで、誰とつくりますか?

4 ゴールを手に入れたら、あなたのまわり(人間関係や環境)は、どのように変化しますか?

5 ゴールを達成するために、あなたが既に持っているリソースは?

6 現在成果を手に入れるのを止めている(妨害している)ものは何ですか?

7 ゴールを手に入れることは、あなたにとってどのような意味がありますか?

8 まず何から始めますか?具体的な行動プランは?

これらにそれぞれ答えて行くうちに、アウトカムはだんだん具体的に明確になっていきます。

イメージは具体的に

人が思い描くことは実現できることだといわれています。
「ああなったらいやだなぁ」と思っていると実際そうなってしまう。
「お茶、こぼさないでね!」と子供に注意したらその矢先にこぼしてしまう。
こんなこと、本当によくありますよね。

目標の達成も同じで、具体的にイメージできることが成功する近道ではないでしょうか。

2と3では、ゴール、目標を達成したそのときのイメージをします。4では、目標達成後の自分や周りについてのイメージをします。
ここでどれだけ具体的にイメージできるのか、これが重要になってきます。

問題点を洗い出す

5では、自分が持っている目標達成に必要なリソースを挙げてみます。
そして6では、目標を達成するのに邪魔をしているのが何なのかを検証します。

自分に足りないのは何か、そして、無駄なことは何か。
この二つがはっきりしてくると、目標達成にむけてどこに力を入れるべきなのかが分かってきます。

さあ目標に向かいましょう

7、あなたはそれで何を得られるのでしょうか?あなたが手に入れたいものは、なんだったでしょうか?
それを再確認したうえで、8です。まず、自分は何をするべきなのでしょうか?

1~7があるからこそ、8で答えが出しやすいですね。
あなたには、あなたが目標を達成するために今やるべきことがすでに見えているはずです。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.