ニューロロジカルレベルとは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

ニューロロジカルレベルとは?

5837348_s

物事のとらえ方をレベル分けして整理

人が無意識で行っている物事のとらえ方を、6段階で表したものがニューロロジカルレベルです。
コーチングでは、この段階を意識して、変わりたいと思う自分(相手)、変えたいと思っている自分(相手)に働きかけをしていきます。

この6つの段階はピラミッド状に表され、土台部分である環境から、行動、能力、信念・価値観の順に上がっていき、頂点であるアイデンティティーのさらに先にスピリチュアルという段階があります。

意識の階層は、外的要因である環境からだんだんと自分の内面に向かっていき、スピリチュアルでは個人的な意識から離れた段階なります。それぞれの階層は、おたがいに影響しあっているといえます。

環境

今あなたの前にはパソコンがありますか?それともタブレット端末でしょうか。環境とは文字通り、あなたの居場所、そのまわりにあるものすべてです。モノだけではありません。
あなたに外的刺激を与えるすべて、といっていいでしょう。

暑いですか?寒いですか?どんなにおいがしますか?何か音は聞こえてきますか?

行動

いま、あなたがしている「行動」は「このサイトを読んでいる」ですね。
~している、で表されます。ドライブしている、絵を描いている、自分磨きの勉強をしている、など。

能力

行動を起こすために使っている能力のことです。しかしこの中には、自分でも気づいていない、まだ発揮されていない能力、というものも含まれます。

信念・価値観

「自分」が持っている信念、「自分が」持っている価値観のことです。社会で一般的にいわれているもの、ではなく、自分の中にある..いわゆる「マイルール」のようなものもこの中に入ります。
どんなに周りが悪い人といおうと、私はあの人を信じている…それも信念になります。

アイデンティティー

日本語訳として「自己認識」とも言われ、自分の存在意義を意識したレベルです。
自分はどんな役割を持っているのか?自分とは、いったい何者なのか?少し哲学的な意識レベルです。

スピリチュアル

ピラミッドの頂点にあるスピリチュアルは、個人の問題を超えた、自然や社会の一部としての自分の意識レベルとなります。
先にでてきた「自分」の信念ではなく、「宗教的な」「社会的な」信念などもこれにあたるでしょう。

無意識で行っている階層分け

ニューロロジカルレベルを知っている人でも、普段の生活で、これは今「能力」の段階だ、などと考えることはありません。何か問題が起こった時、解決したい事柄が自分の中に起こった時に、解決の糸口として自分の意識レベルをチェックするのです。

気になる異性になかなか声をかけられない自分を想像してください。あなたは、どのような理由…つまり、どの意識の階層でそれをためらっているのでしょう?

相手には恋人がいるから?相手に伝える手段がないから?どのような言葉を使って声をかければいいのかわからないから?自分のことなど眼中にないのではないかという思い込み?さて、それぞれどの階層にあてはまるでしょう。

自分自身の意識がどこなのかを意識すると、問題点が問題でなくなることもありますし、どこを直せば今と変わるのかがわかるようになることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.