コーチングとは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

コーチングとは?

18056282_s

人材開発

会社内ではもちろんのこと、学校やそれに付随する部活動などにおいても、人を育成することあるいは人材開発が欠かせません。

むしろ、学校や塾はそのために存在する組織であると言えるでしょう。

ただ実際には、学校内よりも会社内、つまり社会で成果をあげることが求められていることは言うまでもありません。なぜなら対価として賃金をもらっている以上、それに見合った働きを要求されるからです。

しかも、必ずしもその場その場で教育が行われるわけではありません。OJTなどを通した実践的な学習を行うのが関の山でしょう。

そのなかで、足りない部分を補うべきときに活用されているのがコーチングです。コーチングとは、未来の目標に向かって行動を促すべく、コーチがフォローしてくれる指導方法のことですね。

カウンセリングとコンサルティング

コーチングと似ているものにカウンセリングやコンサルティングがあります。
その違いは、カウンセリングがクライアントの治療を目的としているのに対し、コーチングが自発的な目標達成を目指していること。

また、コンサルティングが問題の解決策を提供するのに対し、コーチングはコミュニケーションをベースに行動を促しつつ、目標を達成していくことを目指していることです。

コーチングの実践方法

コーチングは次のような手順によって行われます。

1.信頼関係の醸成

まず、コーチングはコーチとクライアント双方の信頼関係の醸成から始まります。
とくにコーチ側としては、相手の現状や目標、悩んでいることなどをしっかりと聞きつつ、理解することに努めます。

コーチングは一方的に指示を与えるのではなく、自発的に行動してもらうことを目指しているため、コーチは忍耐力をもって信頼関係を構築しなければなりません。

2.綿密なコミュニケーション

コーチが聞く、クライアントが話すという基本姿勢をとりつつ、綿密なコミュニケーションを継続していきます。

その過程で信頼関係が構築され、徐々に目標達成への道筋も見えてくるのです。コーチングには一貫した綿密なコミュニケーションが欠かせません。

3.変化と行動

方向性ややるべきことが見えてくれば、コーチがクライアントに行動を促します。
ただし、強制的に行動させることは原則しません。場合によっては背中を押してあげた方が目標達成できる場合もありますが、あくまでもクライアントが自ら動き出すことが大切なのです。

コーチングを終えても行動し続ける仕組みづくりが大切ということですね。

押し付けないこと

誰しも行動を押し付けられるのは嫌なものです。コーチングは、自分の問題に自ら取り組むための心的姿勢を育むシステムです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.