サイコサイバネティクス理論とは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

サイコサイバネティクス理論とは?

14800694_s

明確な目標設定の意味

ある物事に対して明確な目標を立てる理由はなんでしょうか。

「目標を設定すればゴールまでの道筋が分かる」
「日々のモチベーションの維持につながる」
「今の自分がどの程度目標に近づいているのかが分かる」

たしかにそれらも理由の1つです。しかし、サイコサイバネティクス理論によれば、明確な目標を設定する理由は「無意識のうちに目標達成に向かうようになるから」とされています。

無意識のうちに目標達成に向かようになるとは、一体どういうことでしょうか。

にわかに信じがたいことかもしれませんが、人間の脳には志向性があります。この志向性があるために、明確な目標設定をすることが無意識の達成につながるのです。

そういった事実から、サイコサイバネティクス理論は別名「自動成功メカニズム」とも呼ばれています。

潜在意識の働き

無意識の行動とはつまり潜在意識が働くということです。

たとえばサッカー日本代表の本田圭佑選手の場合、小学校の文集に将来の夢を「ワールドカップで活躍して、セリエAに入団して、10番のレギュラーになる」と記しています。見事にその夢は達成されました。

明確な目標を設定することで自分が何をすれば良いのかが分かり、加えて潜在意識がその達成へと向かってくれた事例ですね。

サイコサイバネティクス理論の活用方法

サイコサイバネティクス理論を活用すれば目標の達成に大きく貢献します。具体的な活用方法は以下のとおりです。

1.目標を設定する

まず、明確な目標を設定することからはじめます。
このとき、掲げる目標にはできるだけ具体的な数字を盛り込むことが大切です。設定した目標が明確であればあるほど、達成までの行動がより具体的になるのです。

2.潜在意識に働きかける

目標を掲げたら、目標達成のためにすべきことを行動として落とし込みましょう。
目標を設定するだけで潜在意識への働きかけにはなりますが、意識的に行動することも忘れてはなりません。

3.成功習慣

最初は小さな目標を掲げると良いでしょう。小さな目標は達成するのも容易ですが、そのぶん目標達成が習慣となります。最終的には日々の行動すべてが「成功習慣」にまで高められるのがベストですね。

心を変える

具体的な日々の行動を変えることは難しいですが、自身の心を変えるのはもっと難しいこととされています。自分を内面から変えるために、明確な目標を設定して、潜在意識の力を利用しましょう。目標を達成することに夢中になれれば、あなたの人生はより意義のあるものとなるはずです。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.