サブリミナル効果とは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

サブリミナル効果とは?

9326619_s

すり込み効果

1900年の中頃に行われたアメリカの社会実験をご存知の方もいるのではないでしょうか。

とある人気映画の上映中。その合間にポップコーンやコーラを暗示させる映像や音声を視聴者に気づかれないように挿入したところ、売店でそれらの売上が一時的に上昇したというものです。
これがいわゆる「サブリミナル効果」です。

サブリミナルとは「潜在意識」を意味する言葉で、その潜在意識と意識とのあいだ(境界領域)に刺激を与えることで起こる効果がサブリミナル効果ですね。別名「すり込み効果」とも呼ばれます。

潜在意識への干渉

上記の実験では、潜在意識に干渉することで、商品の売上を意図的にあげる効果を実証してみせました。この実験の真偽は別にしても、潜在意識に対する刺激が私たちの行動や思考に影響を与えることは事実です。

その証拠に、各種広告やCMにおいて実際の効果が認められており、活用されている事例は枚挙にいとまがありません。

サブリミナル効果で自分を変えよう!

商品を売るためや特定の誰かを支持させるためにサブリミナル効果が使われていると考えるとなんとも気持ちが悪いことですが、自分自身に応用することで、ポジティブな効果を得ることも可能です。具体的には次のような方法があります。

なりたい自分をイメージする

なりたい自分をイメージすることは目標を達成するために大切なこととされています。それは、自身の潜在意識に自ら影響を与えることに他なりません。

サブリミナル効果を利用して、無意識のうちに目標に向かって努力するようすり込んでいるのですね。

イメージに関連する情報を取り入れる

自身が目標とするイメージに関連した情報を収集する行動は、事あるごとにそれを思い出させるという効果を生みます。

イメージは時間とともに薄れてしまうものですが、再度思い返すことで記憶が強固になるのです。

習慣化する

なりたい自分をイメージし、日常のなかで繰り返し喚起させることが習慣になれば、普段の行動にも変化が現れます。

快楽や怠惰につながるような付き合いを拒否し、意志の力に頼るのではなく潜在意識に正しい行動を覚えさせることによって、目標達成への姿勢が日常的なものとなるのです。

セルフイメージの向上へ

サブリミナル効果を上手に活用すれば、セルフイメージの向上につながります。寝る前の簡単な瞑想や、朝起きてからの言い聞かせなど、ちょっとした行動で思いもよらない効果を得ることができるのです。それだけ、すり込み効果は強力なのですね。

現状を変えたいという願望がある方は、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.