ティーチングとは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

ティーチングとは?

21253053_s

指示や助言

新しいことをはじめたり学んだりする場合には、教えてくれる講師の存在が重要になります。

インターネットや書籍を利用して独学することも悪くはありませんが、分からないことを即座に解決してくれるだけでなく、行動や思考の指針を示してくれるのは講師に教わる特権と言えるでしょう。

なかでも、指示や助言を通じて相手の成長をうながすのが「ティーチング」と呼ばれる指導法です。学校の先生や各種スクールの講師などはティーチングを行う専門家ですね。

コーチングとの違い

ティーチングと似た言葉に「コーチング」があります。

両者の違いは、ティーチングが指示や助言などを通じて教える側が積極的に答えを提示するのに対し、コーチングは相手から答えを引き出して最終的に望ましい行動を起こさせるものです。

両者はどちらが優れているというのではなく、相互に補完する関係にあります。相手の置かれている状況によって使い分ける事が大切ですね。

ティーチングとコーチングを使い分ける

ティーチングとコーチングは、具体的には以下の方法で使い分けます。

1.相手のタイプを見極める

最初に、指導する相手の見極めを行いましょう。

これから行う行動や学習に対しての理解度や経験、あるいは適性などを知るのです。相手の置かれている状況を明確にできれば、今もっとも必要なものは何かということが見えてきます。

それが指導方針、つまりはティーチングを行うべきかコーチングを行うべきかの判断材料になるのです。

2.最適な指導方法を選択する

相手の現状を把握したら、最適な指導方法を模索しましょう。

もちろん、ティーチングとコーチングを併用して行うという選択もあり得ます。指導や助言を積極的に行うほうが上達が早い場合もあれば、指針だけ示して実践してもらう方が身につく場合もありますよね。二者択一ではなく柔軟な対応が求められます。

3.軌道修正も大事

成果を効果測定するなかで、場合によっては軌道修正することも大切です。

いつでも指導方法を変えられるように、これからの講師にはティーチングのスキルもコーチングのスキルも身につけておくことが求められます。発想を転換することによって、生徒が見違えるほど成長する場合もあるでしょう。

包括的な指導

包括的な指導を実践するためには、さまざまな方法を排除せず、より複合的な手法を取り入れる必要があります。場合によっては、相手の成長をリアルに実感できる場面もあれば、逆に停滞してしまうこともあるでしょう。

適時適切に打開策を模索して、ティーチングとコーチングを行える指導者こそ、これから求められていく人材であると言えそうですね。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.