ブレイクステートとは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

ブレイクステートとは?

10055654_s

悪い感情を引きずることが多い私たちの日常

・今朝、伴侶と喧嘩したせいでなかなか仕事に身が入らない
・明日のプレゼンが気になって素直にディナーを楽しめない
・相手チームに連続で得点を決められて集中力を欠いてしまった

あなたはこのような経験がありませんか?
これらは、悪い感情を引きずっているために現在の行動に悪影響が生じている例です。実は、私たちの日常にはこういった場面が少なくありません。

気持ちをリセットする

悪い感情を引きずってしまうのは、気持ちの切り替えが上手に行えていないことが原因です。
こうしたときには、たとえば目をつぶって大きく深呼吸する、コーヒーブレイクを入れる、楽しい未来の話をする、タイムアウトをとるなど、状況に応じた適切な行動をとることで気持ちを切り替えることが大切です。

このように、ある行動によって気持ちを切り替えることが「ブレイクステート」です。悪い心理状態をリセットして、気持ちをニュートラルな状態に戻すのです。

ブレイクステートの活用方法

ブレイクステートの具体的な手順は次のようになります。

1.現在の気持ちを把握する

まず最初に、現在の自分の気持ちを正確に把握することからはじめます。大切なのは、悪い心理状態に陥っているということを理解すること。落ち込んでいる、イライラしている、なんだか落ち着かないという感情を流れるままにしてはいけません。

「このままじゃいけない。気持ちを切り替えなくちゃ!」と思うことがブレイクステートの第一歩です。

2.気持ちを切り替えるための行動をする

自分の心理状態を把握したら、慌てずに、気持ちを切り替えるための行動を起こしましょう。
状況、環境、あるいは人によっても、どのような行動をするかによってその効果は大きく変わります。自分にあったものを見つけることがベストですね。

コーヒーブレイクや景色を眺めるなど周囲の物を利用しても良いですし、「今度の休みは何をしようかな?」「ここ1周間で一番嬉しかったことはなんだろう?」など、気持ちがプラスになる質問をしてもオーケーです。相手の気持ちや場の空気を好転させるためにも、プラスの質問は効果的ですよ。

3.ニュートラルの実感

行動後は、気持ちや感情の変化を確かめます。悶々としていた内面がスッキリしていれば成功です。
上手くいかない場合には方法や質問の内容を変えるなどして、もっとも効果が出る方法へとシフトするようにしましょう。ポイントは、簡単に行えて自分や周囲がプラスの気分になれる行動です。

切り替えの大切さ

どんなに苦境に立たされていても、気持ちをリセットすることができれば勝機を見出すことは可能です。
諦めてしまう、投げ出してしまうのは簡単ですが、それで未来を変えることはできません。
まずは平常心に戻ること。ブレイクステートを利用して、いつでも新鮮な気持ちを取り戻し、目の前の物事に取り組めるようにしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.