モチベーションとは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

モチベーションとは?

9410645_s

やる気スイッチ

モチベーションは、やる気や意欲を維持するための動機付けのことで、一般的にも広く知られている言葉です。日常生活においても「モチベーションが上がらない」「モチベーションの維持が課題だ」などと使われていますね。

それだけに私たちにとっても身近な言葉なのですが、実際には正しく活用できていないことが多いのです。

モチベーションは操作できる!?

そもそもモチベーションは、操作して効果的に活用できるものです。人間誰しも飽きてしまうことや倦怠感を感じてしまうことはあるもの。だからこそ、モチベーションを上げるための手法を知り、上手に活用していくことが重要です。

一方的な指示やインセンティブだけでは必ずしも人は動きません。アメとムチではありませんが、たまには変化球を使うなどの柔軟な思考で物事に取り組みましょう。

モチベーションを上げる方法

意図的にモチベーションを上げる方法はいくつかあります。以下、代表的な手法をピックアップいたしました。

1.目標設定

目標を設定し、それをクリアすることでモチベーションを維持することができます。
必ずしも大きな目標を設定する必要はありません。
むしろ、小さな目標をいくつも設定しながら、達成感を味わえる方が良い場合もあります。より現実的で具体的な目標を設定するようにしましょう。

2.ハードルの低いスタート

モチベーションが上がるまで物事に取り組まない人がいます。
しかし、モチベーションが上がってから物事を取り組むのか、それとも取り組んでからモチベーションに上がってくるのかはそのとき時によって異なります。悶々と考えこまずに、まずは簡単なことから始めてみましょう。

3.ゲーム感覚

勉強はなかなかはかどらないけど、ゲームだったら夢中になってしまう。そうした人は多いでしょう。
しかし、実際には両者の違いはそれほどありません。イメージが先行しているだけで、勉強も仕事もゲーム感覚で楽しむことはできるのです。そのためにどのような工夫ができるのか考えてみましょう。

4.環境を変える

マンネリはいつもと同じ状況がもたらします。恋人同士であれば、いつもと違った場所に行ってみるなど、普段は体験しないようなことに挑戦することで乗り越えられる場合があります。ビジネスにおいても、オフィスではなくカフェで仕事をすることで、モチベーションがアップすることもあるのです。

5.感謝の心

今の自分がいるのは誰のおかげなのか。
こうして毎日を生きていられるのはどうしてなのか。

そうした根源的な問に真っ向から取り組むことで、世の中に対する感謝の心が芽生えてきます。大切な人を思うことでモチベーションがアップすることもあるでしょう。感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.