「NLPって本当に役に立つの!?」評判とその真実 | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

「NLPって本当に役に立つの!?」評判とその真実

24758609_S

台頭するNLP

日本語で「神経言語プログラミング」と訳されるNLPは、「Neuro Linguistic Programming」を省略したものです。

もともとは心理療法から派生したセラピーの一種ですが、現代では、特別な悩みを抱える人だけでなく、一般的なビジネスの現場でも活用されています。NLPの考え方は、自身のモチベーションアップや他者の心理誘導にもその効果が認められていることもあって、ノウハウや方法論は幅広く提供されています。コーチングのテクニックとして応用されていることでも有名ですね。

ただし、実践する人によっては、その効果が大きく変わってしまうことも理解しておかなければなりません。

評判ばかりが先行しているが……

「◯◯先生が推奨しているNLPのテクニックは優秀だ」「〇〇会社が提供するセミナーは効果がある」。
そのような評判を鵜呑みにするのはいかがなものかと思います。

というのも、教える側だけでなく、実践する本人の心構えが整っていなければいくら学んでも身につかないからです。また、評判に左右されて行動に移せないというのも問題でしょう。思い立ったが吉日ではありませんが、学びたい時に学ぶことこそ、もっとも実になる学習なのですから。

NLPの本当の意義

NLPの意義について改めて確認することで、学習する意欲を醸成しましょう。

1.自分を変える

NLPのスキルを学ぶことによって、自分を変える力が身につきます。表面的な座学とは違い、人間心理に則したセラピー効果によって、モチベーションアップやポジティブシンキングが日常的に可能となるのです。

2.他者を理解する

また、他者を理解するためにもNLPの技術を活用することができます。NLPのもととなっている人間の深層心理は、多くの人に共通する要素を多分に含んでいるため、人間そのものを理解することにつながるのですね。

3.人生を操作する

そして、NLPによって人生そのものを操作することも可能です。望み通りの自分を実現し、他者を理解して戦略的に生きること。その先には、思い通りの人生が待っています。ぜひ正しい方向に向かって、有効に活用したいですね。

信じて能動的に行動すること

「信じる者は救われる」という言葉があります。その真意は、信じて努力を続けたものだけが、本当のスキルを身につけることができるというものですね。疑うことは簡単です。疑心暗鬼にかられて行動しないことは、よっぽどラクな人生と言えるでしょう。その代わり、得られるものは限定されてしまいます。

案ずるより産むが易し。『スピードコーチング』が実施しているセミナーに参加してみてください。きっと、今まで接したことのないあなたに出会えることでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.