目標達成に必須!一瞬にしてモチベーションを上げる理論の秘密 | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

目標達成に必須!一瞬にしてモチベーションを上げる理論の秘密

11743141_s

人は一体、何によって動機づけられ、やる気を高めながら、目標を達成していくのでしょうか?

それを知ることさえできれば、人生のいかなる状況においても、自分自身でやる気を高めることができます。その結果、自分が本当に望んでいる人生を、送ることができるのです。

モチベーション理論の一つに、アメリカの心理学者アブラハム・マズローによって提唱された「マズローの欲求段階説」があります。

その中で、モチベーションの種類が説明されているのです。

自分の状況によって変わるモチベーション

マズローによれば、人間の持つ欲求は5段階に分かれていて、食欲や睡眠などといった、最も低次の生理的欲求を満たしていくことから始まります。

そして次に、不安から逃れようとする安全や安定の欲求を満たし、第3段階では、会社や家族など、集団への帰属や愛情を求める欲求が生まれます。

その後、人から認められたいという自我や尊厳の欲求を満たしていき、最終的には、第5段階目にある、自己実現の欲求へとつながっていきます。

つまり、大人にとって同じ仕事をしている場合でも、この5段階のどこまで満たされているかによって、得たい感情が違ってくるのです。

モチベーション理論の限界

確かに、マズローのモチベーション理論によれば、欲求は低次元から高次元へと移っていくと仮定しています。

しかし実際は、自分がどの段階にいるのか、自分自身が分かっていないことも多いのです。また、段階ごとの変化のプロセスがスムーズでない場合もあります。

理論は、あくまでも理論です。自分が今いる段階が分かっても、そこで求めている欲求を満たすことが、モチベーションにつながらないこともあるでしょう。

そこで、どんなモチベーション理論を学ぶよりも、自分のやる気が高まる感情を知り、その感情を意図的に抱くことで、自分の目標を達成することができるのです。

コーチングでモチベーションを上げまくる

コーチングの手法を学ぶと、自分が抱いている感情に敏感になります。また、自分の内面を探求していくので、自分が本来、望んでいる感情に気づくことができるのです。

そして、やる気が高まる感情を得るために、感情のコントロールの仕方を覚えていきます。

また、自分の目標達成のために、いかに大変な仕事をしていても、そのプロセス自体を楽しむという感情を、自ら選ぶことが出来るようになります。

モチベーションを上げるとは、無気力感や面倒くささといった感情を抱いていたとしても、その感情をやる気が高まる感情に変えていくことなのです。

それが一瞬でできるようになるコーチングは、ぜひともマスターしたいですね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.