スピードコーチングはこんな人におすすめ | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

スピードコーチングはこんな人におすすめ

対話するセミナー

スピードコーチングとは

コーチングセミナーにも様々な種類がありますが、その中の一つにスピードコーチングがあります。そしてスピードコーチングは、他の全ての学び同様、合う人と合わない人がいます。

学校に通っていた頃、いかに素晴らしいと言われている先生でも、自分にはその良さが分からなかったこともあるかもしれません。それは、その先生が悪いわけでも自分が悪いわけでもなく、お互いの相性の問題だったと言えます。

特に新しいことを学ぶ時は、相手の教え方が自分の好きな学び方に、マッチしている必要があります。そしてスピードコーチングが自分に合うかどうかを判断するためには、スピードコーチングの学習スタイルを理解することが必要です。

スピードコーチングの学習スタイル

スピードコーチングの学習スタイルは、主に三つの特徴があります。

第一に、講義の間全力で参加することが求められます。自分が今、持っている力の何割かだけで学ぼうとすれば、得られる結果もそれまでです。しかし、全力で参加すると、自分の殻を破りやすくなり、結果新たな自分の可能性を発見できるようになります。もちろん、それは簡単なことではないので、全力を出せる環境を講師が作り出します。

第二に、誰かに教えるように学びます。自分が受け身の状態でセミナーに参加していると、二日後には、ほぼ半分を忘れてしまいます。しかし誰かに教えるために積極的に学ぶことで、自らの学びが深まるのです。

そして最後にこれが一番重要なのですが、何事も楽しみながら学びます。スピードコーチングで学ぶことは、感情を変化させるためのプロセスです。人間は楽しいと感じている時は、よりオープンマインドになります。また、表情が変わることで、姿勢なども変わり感情が変化しやすくなるのです。

そのため、この三つの学び方に納得できる方はスピードコーチングが合っているといえるでしょう。

最も効果的な学び方を追求

他のコーチングセミナーと比べて、スピードコーチングの学び方は独特だと思えるかもしれません。しかし本来は持てる力の全てを使い、楽しみながら学ぶことにフォーカスするこのプロセスこそが、「学びの天才」に準じた学び方なのです。

「学びの天才」とはだれでしょう?それは、赤ちゃんや小さい子供たちです。
彼らは、興味がないことは一切しません。また、楽しみながらそして笑いながら、新しいことを次々にマスターしていきます。

しかし、子供を卒業した大人たちは必死になって、文字からのインプットを通して、頭だけで理解しようとします。だから失敗するのです。そして、学びのスピードが遅いのです。

スピードコーチングの本来の意義

スピードコーチングは、その学び方からして、合う人合わない人がいるかもしれません。
しかし今後、より成長したい大人にとって、最も大事なことは、セミナーで学べる内容だけではありません。セミナーで学んだことをいかに活かせるか、が大切です。その点スピードコーチングは、実践することに重きを置いています。

つまり、セミナーの場だけでなく学んだことを人生の各シーンで活かしたいと考えている人に向いているのが、スピードコーチングだと言えます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.