コーチングの資格が取れるのですか? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

コーチングの資格が取れるのですか?

12747781_s

以前のような、終身雇用の仕組みが崩れ去った日本。たとえ会社に就職したとしても、将来的に、独立起業をする人の数は増え続けています。

もはや会社は、社員の人生を保証することはできません。そして、それに気づいた人たちは、次々に起業や副業の準備を始めています。

その最初の準備が、資格を取ることです。特にコーチングは、様々な分野に応用できるため、人気の資格の一つになっています。

スピードコーチングで取得できる資格

コーチングセミナーの中でも、その効果を感じやすいスピードコーチング。

スピードコーチングは、実際に、効果的なコーチングのスキルが得られるだけではありません。むしろ、受講されている方の中には、その後、コーチとして活動することを前提とされている方も多いのです。

スピードコーチングの基礎コースに、2日間のコース(MOVEコーチング)があります。このコースを受講すると、スピードコーチング社より、MOVEコーチ認定書が発行されます。

そして、この認定書があれば、自分の名刺やホームページなどのプロフィール欄に、スピードコーチング社MOVE認定コーチと書くことができます。

つまり、最短2日で、コーチとして活動するための資格が手に入るのです。

コーチとしての活動に必要なもの

コーチとしての活動を始めるためには、必ずしも、資格が必要とは言えません。さらなる学びも、スキル向上のための実体験も、資格以上に大切です。

しかし、資格があるということは、自分に対して自信を感じることのできる、強力な手段の一つです。新しい仕事を始める時、最初は勢いが大切です。そして、経験が全くない中で何かを始める時、自分を支えるものが、自分に対しての信頼なのです。

まずはコーチとしての自分に自信を持つことで、コーチとしての活動を始めることができます。

そしてその上で、コーチとしての実践を次々に積んでいくことが、自分が理想とするコーチになる最短の手段です。

短い期間でも効果があるスピードコーチング

スピードコーチングの基礎コースを受けると、最短2日で、コーチの資格が手に入りますが、資格取得のプロセスが余りにも短いために、驚かれる方もいます。

しかし、人間の変化を促すのがコーチングであり、そのために最も必要なスキルを理解するセミナーが、スピードコーチングなのです。

世の中には、コーチングに必要な本質的な知識やスキルを教えずに、膨大な量の枝葉末節にフォーカスしているセミナーもあります。しかし、それでは、ただ時間を費やすだけで、余り意味があるとは言えません。

コーチングの上達は、実戦の中からしか生まれません。そしてそのためには、本質的なことを短期間で学び、そこで得た知識を、実際に使うことが必要なのです。

その点において、スピードコーチングは、コーチングの資格の中では、取得しやすい実用的な資格と言えるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.