参加者はどのような方がいますか? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

参加者はどのような方がいますか?

13967138_s

セミナー参加者の層

スピードコーチングの基礎講座の参加者で多いのは、30代から40代のビジネスパーソン。特に会社員ということだけではなく、経営者の方や個人事業主の方もいらっしゃいます。

しかし、自分のさらなる成長を望んで参加するのはビジネスマンだけではありません。さまざまな職業の方が参加します。年齢も、10代の学生たちから70代のリタイアされた方々などと、その幅が広くなっています。参加者の男女比は、ほぼ同じくらいです。

つまり、広くさまざまな層の方が参加しているセミナーだと言えます。このことは、参加する方に多くのメリットをもたらします。

年齢や性別など、自分とは異なるタイプから学べることは沢山あります。そして、その学びの中で、初めて、学んだことの実践を始めていけるのです。

その意味では、参加者が異なる方が、より学びが深くなるのです。

スピードコーチングセミナーの受講目的

セミナー参加者の受講目的には、色々な理由があります。

ビジネスをされている方の中では、目標の達成に必要なスキルや、コミュニケーション能力の向上を求めて参加される方が多いです。

また、ビジネスに直接関係しなくとも、自分の人生に役立てたい方や、家族との関係改善のために参加する方もいらっしゃいます。

さらに、実際にコーチとして活動していくために、コーチングのスキルを身につけたい方もいらっしゃいます。それぞれ目的は色々ありますが、現状をより良くするための手段として、学んでいる方が大半です。

お互いを励まし合う参加者たち

実は、受講後に感想を尋ねてみると、「お互いの夢を応援し合い、成長を助け合える仲間ができた」と嬉しそうに語る方がとても多いのです。これは、スピードコーチングの大きな特徴だと言えます。

一人で学ぶプロセスには、限界があります。いくら壮大な夢を持っていたとしても、時に困難や障害が待ち受けているからです。

そんな時に、参加した目的は違えども、お互いを支え合い、励ましあえる仲間がいれば、辛いことも乗り越えられるでしょう。そしてこの貴重な仲間たちとの出会いが、セミナー受講の醍醐味の一つなのです。

成長のプロセスは、新しい自分を発見するプロセスです。そしてその途中に、出会うべくして出会った仲間が登場します。

スピードコーチングは、そんな出会いの場とも言えますね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.