こうしたセミナーは初めて受けます。大丈夫でしょうか? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

こうしたセミナーは初めて受けます。大丈夫でしょうか?

15945782_s

海外では、学校を卒業した大人たちが学ぶ場として、様々なセミナーがあります。

そこで学ぶ内容としては、仕事の上でのスキルアップに必要な知識や、受講後に、すぐに自分が生かせるようなコンテンツが多くあります。

ただ、日本では、セミナーという言葉が、海外ほど広まっていません。

そのために、本を読んだり、単なる講義を聴いたりする以上の価値があるセミナーの活用方法を、ご存知ない方もいらっしゃるようです。

効果的な学び方

大人にとって、時間は貴重な資源です。
時間ほど大事なものがないと言っても、決して過言ではないでしょう。

そんな私たちが何かを学びたい時、一体どんな方法があるでしょうか。

通常は、自分が知りたいことに関連した情報を、本やネットで探す人が多いでしょう。

ただ、子供の頃の学び方を思い出すと分かりやすいのですが、本来、最も有効的な学び方は、五感を使って学ぶ方法です。特に、笑いながら、そして、リラックスしながら、体を通して学ぶと、その知識を体得しやすくなるのです。

特に、参加者たちが、共に学んでいくタイプのセミナーは、学びのプロセスにおいて、多くの刺激があるために、より沢山の知識が定着しやすくなっています。

そんなセミナーの代表例が、スピードコーチングです。

スピードコーチングの特徴

スピードコーチングのセミナーは、参加者たちが楽しみながら、そして体を使いながら、コーチングのエッセンスを学んでいきます。

新しい知識を得ただけでは、それを生かすことができません。なぜなら、自分が何かを変えたり、新しいことを始めたりする時、恐怖や不安といった感情にも、対応しなくてはいけないからです。

頭で理解したことでも、できないことは多いですよね。それは、学びのプロセスにおいて、単なる理解と体得とは、次元が全く違うからです。

だからこそ、スピードコーチングのような躍動的なセミナーは、新たな知識の定着率が高くなります。

スピードコーチングの醍醐味

スピードコーチングの感想の一つに、「お互いの夢を応援し合い、成長を助け合える仲間ができた」というものがあります。

このような感想は、セミナーに参加せず、本を読んでいただけでは、決して得ることができません。

新しい物事を学ぶ時には、沢山の障害が出てきます。途中で、諦めたくなる時もあるでしょう。そんな時に、共にチャレンジしている仲間がいたら、どうでしょう?

セミナーの醍醐味の一つに、人との出会いがあります。特にスピードコーチングは、向上心が高い人たちが集まることが多いので、その出会いはさらに貴重なものとなります。

そういう意味では、スピードコーチングは、もはやセミナーの域には収まらず、仲間と出会える最高の場所とも言えるかもしれません。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.