ストレスマネジメントを今日から実践! | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

ストレスマネジメントを今日から実践!

12725778_s

現代社会は、ストレス社会ともいわれています。

ストレスは、もはや大人だけの問題ではなく、幼稚園や小学生といった子供たちの間でも、話題になっています。学校の中で起こる陰湿ないじめも、子供たちのストレスが原因であると言えなくはないかもしれません。

これだけストレスが蔓延した社会では、学校や会社において、ストレスマネジメントの実践が求められてきています。

ストレスとは何でしょうか

ストレスといえば、普通は精神的なストレスを思い浮かべますが、負荷という意味では、肉体的なストレスも含みます。

アスリートが筋肉に負荷をかけながら練習するのは、適度なストレスが、筋肉の発達には必要だからです。

つまりストレス全てが悪ではなく、あくまでも適度なストレスは、生産性の向上や集中力の増加に貢献します。

ただストレスの問題は、それを受け入れる耐性が、人によって様々なことに原因があるのです。

コーチングを学んでストレスを受け止める

ストレスは、自分がコントロールできない、他人の態度や状況に接した時に生まれます。

しかし、元来コントロールができないものなので、そのまま相手や状況が変わるのを待っていても、それではストレスが増える一方です。

そこでストレスに対応するには、コントロールできない物事への対処法を学べばいいのです。

コーチングを学ぶ一番の意義は、物事を多面的に見るスキルの獲得です。つまり、自分の考えだけに固執することなく、様々な視点があることが分かってくると、周りの考え方などを理解できるようになるのです。

また、コーチングのプロセスにおいて、自分自身の感情と向き合うことがあります。その結果、人の感情にも敏感になり、コミュニケーション能力も向上します。

そして結果的に、問題に接する時の自分の感情や見方が変わっていき、ストレスが軽減されていきます。

スピードコーチングでストレス軽減

コーチングの中でも、特に楽しく学ぶことにフォーカスするスピードコーチング。

楽しみながら集中して学んでいる時は、ゾーンやピークパフォーマンスと呼ばれる最高の状態が得られます。この状態の時は、自分の中で普段は隠れている才能や可能性が、一気に花開くのです。

また、「楽しむ」という状態を体が覚えることで、日常生活にもその状態を再現することが可能になります。

通常、ストレスを感じている時は、楽しんではいません。だからこそ、楽しむという感情を持つことができれば、ストレスを感じにくくなるのです。

人生における目標を達成するためにも、コーチングを使うことができます。そしてその副産物としても、日頃のストレスを軽減することができます。

一石何鳥にもなるスピードコーチングを、試してみるのもいいですね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.