友達が自殺した悲しみを、どのように克服すればいいのか | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

友達が自殺した悲しみを、どのように克服すればいいのか

8328105_s

人生において、様々なことが起こります。
その一部は、自分が選んだ結果によるものです。その場合は、もしもその結果に納得がいかないなら、そこでの経験から学び、次のステップにつなげることができるでしょう。

しかし自分ではどうしようもないこともあります。

例えば、友人の自殺。
その関係が、親しければ親しいほど、自分の中で罪悪感が生まれるかもしれません。また、深い悲しみの中にいて、これからどのように生きていけばいいか、悩んでしまうかもしれません。

友達が自殺した悲しみを、一体どのように消化すればいいのでしょうか?

友達の自殺という現実を受け入れるプロセス

物事を受け入れるプロセスの最初の段階は、拒絶から始まり、やがて受容へと続きます。

例えば、友達の自殺であれば、その友達が亡くなったことを認められず、自殺の事実を否定してしまうことがあります。

それは、ある種の現実逃避で、精神的な負担を軽減する役目はありますが、いつまでもそのままでは、心の傷は癒えません。

友達の死という現実をきちんと受け入れてこそ、自分の悲しみを癒すことができるのです。

そのために、コーチングを使って、現実に起こった事実を受け入れる準備をします。

コーチングで自殺の意味を変える

世間でよく言われるフレーズに、「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」というものがあります。

しかし、過去そのものは変えられなくとも、過去の意味を変えることはできるのです。

仮に友人の自殺という過去があったとしても、コーチングを学ぶと、その時に自分が感じた感情と向き合い、それを受け止めることができます。

そして必要であれば、その過去の意味を解釈しなおしたり、自分が持ちたい感情を選んだりすることで、友達の自殺という現実を受け入れることができるようになります。

自分が得た体験は、あえて変える必要はありません。

しかしそのことを考えるだけでも、自分がぶれそうになる体験があったとしたら、それを自分の意思で、変えることもできるのです。

過去の意味を変えるタイミング

過去のタイミングは、人それぞれ、その意味を変えるタイミングというものがあります。

そしてそれは、その過去を忘れ去る事でもなく、その意味を捨て去ることでもありません。

友達が自ら命を絶ったということは、変えられない事実です。

そしてもしもそのことによって、自分の感情が揺さぶられるならば、一度その過去と真摯に向き合うと良いでしょう。

そのための方法の一つに、コーチングがあるのですから。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.