人生の選択が怖くなってきた人へ | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

人生の選択が怖くなってきた人へ

18575374_s

人生は選択の連続だとも言われます。

元気がない友人にかけることば、夕飯のメニュー、気になる人へのアプローチ…
など、小さな積み重ねであなたの人生を左右するものから、
進学、就職、結婚、転職…
など、ほとんどの人はたった一度しか選択できなくて、でも人生を大きく変えるきっかけになりうるものまで様々です。

今も何か選択肢を目の前にして、悩んでいる人がたくさんいると思います。

失敗したくない!

人は完璧なものではありませんし、自分で選ぶ段階では「これがベストだ!」と思ったものでも、やってみたら失敗した、なんてことは多々あります。

良かれと思ってかけた言葉が、相手の逆鱗に触れてしまった。
初めてのメニューに挑戦したら、とても食べられないような味になってしまった。

ああ、失敗したー、と頭を抱えた経験が思い当たるのではないでしょうか。
料理や友人関係ならばまだ、挽回が容易な場合もあるでしょう。
しかし、進学や就職など、一度失敗するとその先もう一度選びなおすのが難しくなってしまう選択肢を前にしたとき、料理のように気軽にチャレンジすることはできませんよね。

そうなると、やっぱり失敗したくない、と思いますよね。

失敗できないプレッシャー

日本では特に、留年や短期間での転職、離婚などはよしとされない旨がありますよね。
そのため、進学先や就職先の選択、結婚に踏み切るまでには、かなり慎重になる人が多いでしょう。

失敗できない、その思いがあなたにプレッシャーをかけ、ストレスになっていくのです。

「失敗できない」と考えるとき、人の意識はどこに向いているでしょうか。

その言葉の中には「失敗」が含まれていますよね。
失敗することに意識が向いているので、そのような言葉になるのです。
うまくいくことを考えていられないほどの自分を、少し冷静に見つめてみましょう。

肯定質問で発想の転換を

成功する、うまくいくことを中心に考えることができれば、うまく行った時のことを想像して体も心も軽くなります。そんな時有効なのが、肯定質問です。

あの学校では、自分はどんな学生生活が「できる」だろう
この会社に入ったら、自分はどんな仕事が「できる」のか
この人と結婚したら、どんな生活が「手に入る」のか

自分に、肯定的な質問をかけてみましょう。そうしたら、失敗すること以外の想像も膨らんできますよね。そうすることで、失敗にとらわれて悶々と考え込んでしまっていた自分を変えることができます。

あなたの人生の選択をするのも、あなたの思考パターンを変えられるのも、あなた自身です。失敗を想像するより、成功した姿を思い描くことに力を注いでみてはいかがでしょう。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.