定年後の生活、目標がありますか? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

定年後の生活、目標がありますか?

20758449_S

平均寿命がどんどん長くなっている今、定年後にも長い年月があると予想されますよね。あなたは、定年後、こんなことをしたい!という思いを抱いたことはあるでしょうか?

自分はまだ若いから定年まで時間がある、とか、今は暇を感じるどころか、定年後の事なんて考えているような時間はない!という生活を送っている方も多いでしょう。

そして、定年後に時間がたくさんあるのだから、その時が来てからゆっくり考えたらいいじゃないか、そんなふうに考えている人も多いでしょう。

しかし、特に定年後の目標もなく過ごしていると、いざ仕事がなくなった時に、燃え尽き症候群のような状態になってしまう心配もあります。

目標を持ってみませんか

目標、ゴールを持つのは、人生において大切なことです。

たとえば、今までの人生を振り返ってみれば、高校受験から始まり、大学受験、資格試験、就職活動、昇進試験、とあなたは人生の節目のたびに、目標をもって、取り組んできたのではないでしょうか?

目標があると、人はそこへどうやってたどり着くかを考え、がんばります。

定年後の目標を持たないままに定年を迎えたら、どうでしょうか?
ぽっかりと空いた職場にいた時間を、どう使うのか、考えたこともないままに定年を迎えたら、きっとどうしたらいいのか、わからなくなってしまうのではないでしょうか。

定年後の時間をどう使うか

定年を待たずに、早期退職をして田舎に引っ越したい、とか、いろいろ大きな目標を持っている人もいますよね。

しかし、あなたがそれを真似する必要もありませんし、生活を大きく変革させる必要もありません。

ただ、その方たちがしていることと共通して言えることは、長い時間があるということは、今まで「時間がない」と敬遠し続けてきた新しい出来事に挑戦する時間ができる、ということなのです。

せっかくの時間ですから、有意義に過ごしたほうが自分の心の充実のためにもいい効果が期待できますよね。

大きな目標でなくてもよい

自分の定年後など、あまり考えたことがないかもしれません。しかし、そのときはあなたにも必ず来ます。

たとえば、定年後の時間が長いことは予想されていますので、その長い期間、できるだけ健康でいられるために今からもできることとして、三食をしっかり摂るとか、週末には軽い運動を習慣づけるとか、そのような目標でもかまわないのです。

今まで時間がないことを理由に挑戦できないでいたことをメモしておいて、定年後はそれぞれに少しずつ挑戦することにする、なんてことをしておくのもよいでしょう。

今の生活を、忙しい今のうちにしっかりアセスメントして、定年後の時間を有効に使えるよう、今やってしまえることはやってしまう、やらなくていい悪い習慣はやめてみる、などしてみるといいのではないでしょうか。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.