人生を悩みのスパイラルにしないための考え方 | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

人生を悩みのスパイラルにしないための考え方

14464849_S

悩みのない人生になったら、なんと楽しいことでしょうか。悩んで立ち止まる時間がなくなれば、もっと楽しいこと、好きなことに時間を割くことができますし、やらなければならないことも、スムーズに進むでしょう。

しかし、小さなことから大きなことまで、人生にはいろいろな出来事が起こり、いろいろな悩み事を抱えるでしょう。
悩みをできるだけ抱えずに生きていくためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

スパイラルにはまらない

悩んでしまっているときというのは、悩みのスパイラルにはまっているときが多いのではないでしょうか?

大きな悩みを抱えていることによって、自分の持てるキャパシティの多くを悩みが占めてしまい、そのほかの、元気でいられる時には悩まなくてもいられるような小さな出来事まで、悩みになってしまうのです。

悩みのスパイラルにはまってしまうと、どんどんと落ちて行ってしまいますから、一つ一つの出来事をできるだけポジティブにとらえるのがいいのではないでしょうか。

小さな出来事を悩んでしまいそうなときには、その物事を、ディソシエーションの視点、第三者的な視点から見つめ直し、ポジティブに考えられるようにリフレーミングしてみましょう。
少し楽に考えられるようになるはずです。

悩んだら、自分の気持ちを考えてみる

悩んでいるときというのは、こんなことしたら周りにどう思われてしまうだろう、と考えているときが多くないですか?

たとえば、仕事がつらいので一日休んでしまおうか…と思ったとき、今日休んでしまうと、明日から周りの人に何と言われるかわからない…
ずっと続けてきた習い事、辛いからもうやめてしまいたいと思うけれど、やめたことによって親や友達ががっかりしてしまうのではないか…

そのとき、あなたの気持ちはないがしろにされてしまっています。
だれでもない、あなたの人生、そして、あなたの考えなのですから、あなたが自分の気持ちをしっかりと考えてあげることが大切ですよね。

自分をしっかり知ろう

自分の気持ちをよく考えるために必要なことは、自分をよく知ることです。
休みたい、辞めたいと思う自分の気持ちをいったん承認してあげたうえで、どうしてそう思うのか、その気持ちをアセスメントしてみます。

アセスメントしてみることによって、休みたい、辞めたいと思う理由もはっきりしてきます。
それによって、自分の考えを後回しにするのではなく、自分の気持ちを大事にすることの理由、そして、人の反応では無く、自分の気持ちを優先してもいいのだということに気が付けます。

一度しかない自分の人生、自分を大切にすることで、悩みすぎてしまうことから抜け出すためのきっかけがつかめるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.