就活に悩みはつきもの!? コーチングの力で一歩前に出る勇気を | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

就活に悩みはつきもの!? コーチングの力で一歩前に出る勇気を

image001

就活の悩み

いくら学校の試験で優秀な成績をおさめている人でも、学校行事やクラブ活動で活躍している人でも、一度は悩んでしまう場面があります。それがなんだか分かりますか?

そう、多くの学生が横並び的に経験する「就職活動」ですね。

近年では、ほぼ2人に1人の割合で大学へと進学しているというデータもある通り、大学卒業がかつてのように特権として扱われることはありません。もちろん、一部の有名大学では、まだ優遇されることもあるかもしれませんが、それが就職活動の成功へと結びつくかは疑問です。

なぜなら、就職活動とは企業と学生とのマッチングがすべて。学校の評価と個人の実力に乖離があれば、入社後に苦労するのは目に見えています。

失敗とは何か?

そもそも、就職活動の失敗とは何を指すのでしょうか。その点を勘違いしていると、自分の実力や適正ばかりでなく、人格をも否定してしまいかねません。

たとえば、入社したい企業を安易にいくつかピックアップしてしまう場合。もしそれらの企業すべてに落ちてしまえば、自分には能力がないのだと落ち込んでしまうでしょう。

ただ、それは単純に「相手企業が求める人材、自分とが相違していただけ」のことです。失敗を自分で決めてしまわずに、柔軟に活動することが大切でしょう。思い込みは危険です。

コーチングの力で就活を乗り切ろう

もし、就職活動に行き詰まってしまった場合、コーチングの力を活用してみてはいかがでしょうか。そのためには、まず、就職活動の基本を押さえておきましょう。

1.企業を知る

就職活動の基本のきは、相手先の企業を知ることです。
漠然とした知識だけでは、入社したいという熱意が伝わりませんし、自分が必要とされる人材なのかどうかも判断できません。入念に調査しましょう。

2.話を聴く

また、面接時には、しっかりと相手の話を聴くことも忘れてはなりません。
面接官もやはり人間です。聴く姿勢をもって、そのときばかりは最大限の集中力を維持しつつ、期待に応えられるようにしましょう。

3.自分を知る

そして最後は、自分自身を知ることです。
強みや弱み、これまでの活動といった通り一遍の内容だけでなく、どのようにその企業に貢献できるのかや社会への関わり方についても、自分なりの意見を持っておきましょう。

win-winを目指して

就職活動そのものだけでなく、自分と企業の双方がより良い関係を保ちつつ、職業人生を成功させること。そのように、先を見据えて活動することが重要です。

内定をもらうことが目的なのではありません。自分の力を生かせる仕事は何なのか、どういう企業なのかをしっかりと把握し、未来をより具体的にイメージしましょう。

『スピードコーチング』に参加して、自分自身を根本から磨くことも効果的ですね。付け焼刃の就職対策を行うより価値がありますし、就職後の長い人生に役立つスキルを得ることもできるはずです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.