職場でのストレスに耐えられなくなる前に知っておくこと | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

職場でのストレスに耐えられなくなる前に知っておくこと

12649989_s

経済状況が停滞している日本において、会社は人員削減や賃金削減など、様々な方法で利益の改善を試みています。

世界的な経済競争も激しくなり、会社にとっては生き残りをかけた戦いを、日々行っているのが現状でしょう。

そして、会社を取り巻く環境が変わらない中、不況の煽りを受けて、社内の雰囲気も殺伐となります。

こういった状況下では、職場でのストレスを訴える人が非常に増えてきています。

職場でのストレスの原因

本来であれば、周りの状況がどうであれ、自分に課された仕事に精一杯取り組むべきでしょう。ただ、多くの人は、周りの環境に、非常に左右されやすいのです。

また、人間はその防衛本能として、自分と異なる価値観を持った人との交流を、最も苦手とします。

それは、相手の価値観を受け入れるとは、自分を否定することだと受け止めやすいからです。

特に職場においては、この人間関係の悩みが、ストレスの最大の原因となっています。

ストレスに対処するために最も必要なこと

会社だけでなく、この世界のどこに行っても、自分とは異なる人間ばかりです。

どこかの時点で、そういった人たちと、効果的に交流する方法をマスターしなくては、自分が辛くなるばかりです。

そのためには、「つながり」と「受け入れ」というコミュニケーションの本質を学ぶと良いでしょう。

人間関係の悩みを持っている人の口癖は、「どうしてあの人は、いつもああなんだろう」といった、相手への批判が中心です。そしてその根底には、常に自分は正しいという、ある種の思い込みがあるのです。

もちろん、自分が正しいこともあるでしょう。

ただ、無意識的に自己正当化をしていると、それが習慣になってしまいます。そして、特に、自分とは異なる価値観や習慣を持っている人たちを、ありのままに受け入れることが難しくなっていきます。

ストレスを選ぶか、コミュニケーションを選ぶか

自分が何もしなければ、ストレスを感じる相手が変わることはありません。それは、無意識的な自己正当化は、人間であれば誰でも行っていることだからです。

つまり、今感じているストレスが、知らない内になくなることはあり得ません。

職場でのストレスがあると、自然と意識がそちらに向いてしまい、結果、自分の仕事の効率が下がります。

そして、そのような状態が続けば、そのストレスに耐え切れなくなり、精神的、もしくは肉体的に、何らかの病気になるかもしれません。

ここで覚えておくべきは、自分がそんな極限状態になったとしても、ストレスの原因である相手が変わることはないのです。

職場でのストレスを感じているならば、これ以上待たずに、コーチングなど、相手とのコミュニケーションを改善するための方法を学ぶといいでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.