これさえあればデキる人!ビジネスに必須なスキルとは? | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

これさえあればデキる人!ビジネスに必須なスキルとは?

7851305_s

少し昔、ビジネスマンの三種の神器は、「IT」「会計」そして「英語」のスキルだと言われていました。

仕事をしていく上で、この三つは今も変わらず非常に大切です。しかし実は、これ以上に大切なスキルがあります。

それが、「コミュニケーション」のスキルです。

ビジネスをやっていると、人付き合いは欠かせません。組織の一員として働いていても、フリーランスで働いていても、どこかで必ず、他人とコミュニケーションを取る必要性が生まれてくるのです。

コミュニケーションというビジネスのルール

ビジネス上のルールというと、契約書の書き方や、交渉の仕方を思い浮かべる人は多いでしょう。

しかし、ビジネスをしていく上で、全ての前提にあるものが、人間関係というビジネスルールなのです。

人間関係は、非常に複雑です。

しかし、そこで求められることは非常に単純。
「自分がして欲しいと思うことを、相手にもしてあげる」
これだけでいいのです。

つまり、自分を大切に思うのと同じように、相手のことも大切に思う。そういった真心や誠意が大切なのです。

ただ、そこで大きな障害となるのが、それぞれの価値観や特性の違いです。

あなたは、どんな人が苦手ですか?

私たちは生まれた時から、様々な価値観に囲まれて育ちます。育ってきた環境が違えば、触れる価値観もさまざま。それにより、同じ人間なのに全くことなった価値観を持つことになってしまいます。

例えば、自分が何かをしてあげた時に、笑顔の一つも見せずに、無言のままの人がいるとします。

あなたは一体、どう思いますか?

これは一つの極端な例なのですが、価値観などの違いから、大なり小なりこういったことが起こります。

自分からしたら、想像もつかないような考えをしたり、何があっても許せない習慣を持ったりする人もいるのです。

そういった人たちと仕事をしていく時に、コミュニュケーション能力がなければ、人間関係がストレスになってしまいます。

成功に導いてくれるビジネススキル

仕事上の悩みの大部分は、人間関係だとも言われます。

そして、その人間関係を改善するには、自分自身のコミュニケーションスタイルを変える必要があるのです。

英語や会計のスキルであっても、我流のスタイルを通すだけでは、越えられない壁があります。ましてコミュニケーションにおいては、自分に欠けている点は、自分自身では見つけにくいことが多いのです。

「なぜこうなるか分からない」、それが人間関係において、最も聞かれるコメントです。そして、改善する方法が全く分からない時は、できる人のやり方を模倣すればいいのです。

自分のビジネススキル向上のために、コミュニケーション能力を磨きたい場合は、コーチングなどで取り上げられている、コミュニケーションスタイルを勉強するのもいいでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.