仕事が整理できない人にささげる3つのヒント | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

仕事が整理できない人にささげる3つのヒント

4554784_s

仕事をしていると、次から次へと、やることが増えていきます。

そして机の周りを見回すと、何が何だか分からなくなる、そんな感覚に襲われることもしばしばです。

そんな時は、仕事を整理するためにも、この三つのポイントを押さえてみてください。

仕事をしている時の自分の状態

まず第一に、どんな気持ちで仕事をしていることが多いでしょうか?

自分の精神状態は、仕事のアウトプットに色濃く反映されます。

特に、感情の切り替えが苦手な場合、ネガティブな気持ちを引きずりながら、新しい仕事に取り組むこともあるかもしれません。

また、チームで仕事をしている場合、自分の仕事の段取りが、他人のスケジュール次第だという時があります。しかし、自分でコントロールできないことに関して、必要以上に苛立ちを覚える人がいます。

こういった気持ちを持ちながら仕事をしていると、集中力が続きません。

その結果、頭がクリアに働かず、仕事の整理がしづらくなります。

仕事量と自分の器を比較

第二に、こなしている仕事の量が、自分のキャパシティを超えている可能性があります。

忙しくなると、自分の状態を客観的に分析することが、非常に難しくなります。その結果、仕事における優先順位がつけにくくなり、ノーと言えないか、もしくは全てを抱え込むことになります。

そうすると、さらに仕事が忙しくなるために、全てが悪循環になっていくのです。

自分を成長させるために、今までの限界を超えるような挑戦に立ち向かうのは、素晴らしいことです。

しかし、物事には順序やタイミングがあり、それを間違うと何も上手くいきません。

仕事をする目的を再確認

仕事の整理をする目的は、一体何でしょうか?

また、なぜ自分がその仕事を始めたのか、覚えているでしょうか?

仕事を忙しくすることは、ある意味、簡単にできるのです。

その内容をあえて吟味することなく、目の前の仕事をこなしていけば、いくらでも忙しくすることはできます。

しかし、人生には限りがあり、時間は無限ではありません。

多くの大人にとっては、仕事にかける時間は莫大なものになります。一日24時間の内、どのくらいの時間を仕事に費やしているのでしょうか?

仕事をしていると、多くのことがルーティン化し、何も疑問に思わなくなってきます。そして、目の前の仕事を整理しなくてはならない程、忙しくなっていきます。

だからこそ、仕事を整理する前に、もしくは整理した後でもいいので、あなたにとっての仕事の意味を、もう一度考えてみてください。

そしてそんな意味を考える場の一つに、コーチングのセミナーがあります。

仕事に追われている時は、自分の人生の目的を、ゆっくり振り返る余裕もないでしょう。しかし、そんな時こそ、仕事や人生の意味を考える時間を持つべきなのかもしれませんね。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.