ビジネスを加速させるために! コーチングを活用しよう | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

ビジネスを加速させるために! コーチングを活用しよう

12913698_S

ビジネスの成長

どのようにしてビジネスを成長させるのか。あらゆるジャンルのビジネスマンが抱えている悩みでしょう。もちろん、現場にいる人間だけでなく、経理や内勤を含む管理部門、あるいは経営層も同じです。規模や営業能力を含めた、ビジネスそのものを成長させる方法には、確固たる手法がないのです。だからこそ、日々の業務にいかに真摯に取り組めるかが大事なのですね。そのために、経営理念や長期的なビジョンを掲げて、全社員が前を向けるようにすることが重要でしょう。

いかに明確なビジョンをもてるか

ことビジョンに関して言えば、できる限り明確にしておかなければなりません。会社がどこに向かっているのか、社会にどのような貢献をすることを目的としているのかが分からなければ、ただしい意思決定はできません。それは、社内のコンプライアンスにも関わってくる重要なことと言えるでしょう。大事なことは、成績をあげることではなく、貢献によって対価を得ることなのです。間違っても、半社会的なことをしてまで成果をあげる必要などないのです。

コーチングをビジネスに

そういった理念を共有するためには、社員間でのコミュニケーションが欠かせません。とくに、横のつながりよりも縦のつながりを意識した風通しの良さが重要となってくるでしょう。そうしたときに、「コーチング」が役立ちます。

1.継続的な学習

コーチングによって日々の業務の中に学びを取り入れれば、相互に良好な関係が築けるだけでなく、継続的な学習が可能になります。たとえ成果に直結しなくても、人間性が向上することによって、仕事に対する意欲も湧いてくることでしょう。一面的な効果を期待せず、前向きに取り組むことが大切です。

2.永続的な信頼関係

また、外部の人間による研修とは違って、社内でコーチングを行う風土が醸成できれば、永続的な信頼関係を構築することも可能です。とくに、年齢や世代間のギャップを埋めるためには、お互いに理解し合うことが重要ですよね。コーチングによって相互理解を育みましょう。

3.可能性への挑戦

目の前の課題に行き詰まってしまった場合、コーチングによって活路を見いだせることもあります。代わりに行うのではなく、たとえ遠回しにでもアドバイスすることによって、本人に問題を解決させること。それが、優秀な人材を育てることにもつながりますね。

研修として取り入れる

コーチングによる指導を、そのまま研修として取り入れることも可能です。日々の業務の中で教えきれなかったことは、まとまった時間をつくり、大きな学びとして広く提供するようにしましょう。
このように、学びのスパイラルは、コーチングによって醸成できるのです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.