経営の改善は環境の把握から まずは分析をはじめよう! | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

経営の改善は環境の把握から まずは分析をはじめよう!

13495522_S

経営の改善

経営の改善にはなにが必要なのか。それが分かれば苦労しないと、頭を抱えている経営者の方も多いことでしょう。それもそのはずで、会社を建て直すための方法は、それこそ千差万別。ひととおりの答えがあるわけはないのです。だからこそ、経営コンサルティングが成り立つわけですし、経営指南書やマーケティング関連の書籍が売れるのですね。そう考えると、経営を改善できるのは、実際に行動をおこす経営層のみ。他人に頼りたくなる気持ちは分かりますが、ただただ足を動かすしかないのかもしれません。

何が問題なのか?

もっとも、解決策は必ずあるという精神で取り組まなければ意味がありません。
いくらバタバタと行動しても、最終的な方向性が定まっていなければ、会社を建て直すことはできないでしょう。そのためには、まず、何が問題なのかを洗い出すことです。営業成績が伸び悩んでいるのか、人材が育っていないのか、はたまた資金が足りていないのか。そのように、問題を明らかにしてから、行動することが大切です。

環境を把握しよう!

対策を講じるには、まず、自社について知ること。つまり、環境を把握する必要があります。そうすることで、問題点がより明確になるでしょう。具体的な手順は以下のとおりです。

1.問題点

問題点をできるかぎりたくさん洗い出し、本質的なものがどれかを探ります。各部門の環境を把握することによって、細かい部分の問題点まで明らかになることでしょう。
たとえ些細なことだと感じても、積極的に分析していることが求められます。

2.改善点

本質的な問題点が判明したら、具体的な改善点を模索していきます。改善方法については、実際に行えることでなければなりません。
あくまでも、机上の空論ではなく、すぐにでも行動に移せなければ意味がありませんね。また、誰がやるのかについても煮詰めましょう。

3.どうすれば実行できるか?

そして、最終的には、どうすれば実行できるのかという点にまで踏み込んでいきます。これまで通りのやり方では、改善できないのは明らかです。だからこそ、慣例を打ち破ってでも実行すること。そのための方法論を、より具体的に見出していきましょう。

全社的な取り組みを

経営の改善には、上層部や経営層だけでなく、全社的な取り組みが必要です。もし人材育成に問題があるとすれば、コーチングを活用するのも一つの解決方法です。
気軽に参加し、奥の深いコーチング技術を得られるスピードコーチングの講座に、ぜひ参加してみてください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.