恋人のときと違う!望んだはずの結婚生活で悩む理由と、その解決方法 | スピードコーチングコラム

コラムカテゴリー

恋人のときと違う!望んだはずの結婚生活で悩む理由と、その解決方法

3599959_s

結婚前に夢みていた結婚生活と、今の生活を比べてみたらどうでしょう?
理想の通り、という方もいれば、時間が経つほど悩みが増えてきた方もいるのではないでしょうか。

あれ?こんなはずじゃなかったんだけど。そう感じているのはあなただけではないかもしれません。

結婚生活がはじまると、恋人として付き合っている間には見えなかった部分がたくさんみえてきます。

今まで見えていたのは、生活の部分を除いたパートナーの姿でした。
日々の生活をどう過ごしているのか、それはただの恋人同士の間にはなかなかお互いに見えないものです。

こんなところにも違和感が

たとえば、食事のスタイル。
一人分ずつの料理を乗せたお皿を何枚も用意する家庭もあれば、取り皿を用意して大皿から好きなだけというスタイルの家庭もあります。

片付けも、お茶碗は水切りカゴで乾かしてからしまう家庭もあれば、ふきんで拭いてすぐに片付ける家庭もあります。

お掃除の頻度や、一回ずつで求める綺麗さのレベルも人それぞれですし、お風呂でのタオルの使い方や片付け方、バスタオルを毎日洗うかどうか?など、それぞれの家庭によって「あたりまえ」がかなり違っているものです。

パートナーといろいろなところが違うのは、当たり前のことなのですが、「一緒」になりたいと願って過ごした日々が、「違う」ということの違和感を生んでいるのではないでしょうか。

違和感がストレスになる

自分の求めているレベルに応えてくれないパートナーに、少しずつストレスが溜まって行き、ついには爆発しそうな自分に、こんなはずじゃなかったのに、とさらに自己嫌悪に陥って、マイナスな感情のスパイラルにはまってしまうことも。

こんなとき、まず「自分とパートナーは別々に生きてきた、他の人間だ」ということを意識してみましょう。あなたは、別の生き方をしてきたパートナーに感銘を受けて、一緒に暮らして行きたいと思ったのですよね。

違うところがあって当たり前ですし、求めるレベルが違ってもあたり前です。
ズレや違和感というのはつまり、「できていない」とあなたが感じているということです。

違和感を解消したら悩みも消える

二人の間に違和感が大きくなってきたと感じたら、一度アセスメントすることをお勧めします。
ストレスが溜まってきたあなたは、パートナーとのズレばかりに目がいっているはずですから、パートナーのできているところにも目を向けます。

完璧にはできていないけど、ここまでならできている。できてない部分は、何が原因でできていないんだろう?

自分のやって欲しい基準を伝えてないから?パートナーにはそこまでする時間がないから?他に何か障害になっているものがあるのかも。

簡単なアセスメントで、そこまで知ることができます。では、自分のできることはなんでしょう。

さあ、あなたから動いて悩みを解消してしまいましょう。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
Copyright(c) SpeedCoaching Corp. c 2014 All rights reserved.