コーチングとは?

馬車を意味し、馬車が人を目的地に運ぶところから、転じて「コーチングを受ける人(クライアント)を目標達成に導く人」を指すようになった。よく知られたところではスポーツ選手の指導があるが、現在では交流分析や神経言語プログラミング(NLP)などの手法を取り入れてビジネスや個人の目標達成の援助にも応用されています。

コーチングを一言で言うと「人を育てるための一つの技法」といわれています。育てるというと様々な解釈がありますがスポーツで言えば技能、プログラミングで言えばスキル、ビジネスであれば営業や専門職などもありますが、経営者やスポーツマンにもコーチがついている場合が非常に多いといわれています。また、精神面でも成長も育つというように考える事ができますが、学習によって人は成長するのですが学習をしても見につかないことがあります。コーチングではモチベーション、つまり感情を最も重視し人が自ら学習し育ち成長をする環境を作り出し個人を伸ばし自ら問題解決が出来るようになる事を目的としています。

コーチングの種類

コーチングスキルは、大きく分けて「感情(メンタル)」的なコーチングと「スキル」的なコーチングがあり、メンタル系のコーチングは、感情面を重要視し、クライアントの情報を整理したり整頓したりして、本人が気付いていない視点からチャンスを見つけ出しすことによって問題を解決したり目標を一直線に突き進む道をみつけだしたりする。そのため特定分野に対する専門知識がなくてもコーチングをおこなう事が可能です。

スキル的なコーチングは、コーチングする側がその分野に対しての知識とスキルをもって個人の目標を目指すことができます。目的が明確なためメンタルとスキルの両方をサポートできるためメンタル的なものよりも大きな効果を期待できる。
もちろん、スキル的なコーチングであってもメンタルコーチングの要素は欠かすことはできないため、メンタル的なコーチングからスキル的なコーチングに写る場合が非常に多い。

コーチングの目的

コーチングは、コーチからクライアントを無理矢理変化することを教養するのではなく、コーチングをされる側の個人の能力を最大化し、それによってクライアントの問題解決をはかったり、スキルの向上を実現することを目的としている。本人が望まない限りはコーチングは役にたたないがクライアント側に「問題解決意識」「目的意識」「目標意識」、つまり目指すべきゴールや不明確ながらゴールがあればコーチはクライアントの考える力を育てる事ができる。

>>コーチング・NLPの用語集はコチラをクリック

スピードコーチング社が目指すコーチング

スピードコーチング社では、コーチングスキルを身につけコーチとして活動していただく事はもちろんですが、受講者の方々の変化をサポートする事に最も力をいれております。なぜなら、自分を変えるスキルを自らが体感する事によってコーチングスキルを確信をもって自信をもって活用する事ができ、自己の可能性に気付くことによってクライアントの可能性を信じ、それを引き出す事ができるようになると信じているからです。(それを教養する事はありませんが変化ができるようにNLPやコーチングスキルを活用したセミナーになっております。)

ライフチェンジ、人生そのものを変化させるスキルを私達は常に意識しており、コーチングスキルそのものとセルフコーチングスキルの両方を身につけていただきより多くの人達に変化を与えられるコーチの育成・人材育成に力をいれております。



スピコチではNLPを体系化したスキルを学べます。

 

Sample
Sample

このページの先頭へ